幸せへの地図

より良い人生を送る為のアイデアを掲載

春バテ

 

最近はとても眠い

花粉症での体力消耗と
薬の副作用もあるのだが

『春バテ』が原因らしい

『春バテ』とは『夏バテ』と同じく
春先におきる様々な体の不調の事を言うらしい

眠気、ダルさ、無気力、冷え…
他に『夏バテ』には見られない
イライラ、頭痛、鬱などもあるとか

急激な気温の変化で自律神経が乱れ
昼が延びるので睡眠サイクルも乱れ
新年度で生活環境が変化し
花粉症がある人は体調が乱れる

最近の私は、とにかく眠くてダルい

眠気を我慢するのは辛いのだが
逆に眠気のおかげで得する事もある

普段から様々な思考が絶えず浮かぶ癖が
眠気によりストップしているので
色々考え過ぎて悩む事も少なくなるからだ

そしてダルダルで動くので
普段のせっかちな様々な行動が
スローダウンする事により

全てにおいて『まいっか…』と
のんびりする事が自然と出来るようになる

深く考えずにとりあえず
無理しないで動いている

この状態が精神的に凄く楽で心地よい

私の場合は頭を使う仕事では無いので
こんな悠長な事を言えるわけだが…

ちなみに『春バテ』の解消法は

体を衣服やお風呂などで
冷やさないように工夫し

眠気覚ましに飲むコーヒーなども
アイスよりホットにするとか

睡眠時間を心地よくする工夫や

軽い運動や深呼吸など

『自律神経を整える』ようにする事らしい

他にも自律神経を整える栄養素を補給したり
ストレスを貯めない工夫などなど…

簡単に出来る事が多い

何もする気にならない…と鬱症状になる前に
用心した方が良さそうだ

それにしても…

このポワっとしたダルダル感は
私は結構気に入っている

f:id:lavender000:20190401143832j:plain

嫌いな人が気にならなくなる方法

 

苦手な人や嫌いな人が
同じスペースに存在すると

どうしても気になって
余計に目につく事がある

気にしないようにしようとしても
何故か気に障るような言動が
自分の中に情報として入り
やっぱり気になって不快になる

そんな思いを経験した人もいると思う

嫌な人の事など考えたくもないのに
どうしたら気にならなくなるだろう

色々と調べてみたら
簡単で有効そうな解決法を見つけた

それは
『違う文化の人だと思うようにする』
だった

最近は海外からの労働者も増えた
顔を見て明らかに異国の人だと思うと
どんな態度をされても気にならない

むしろ異国から言葉も通じない日本で
よく頑張ってるね…と優しい気持ちにもなる

私の仕事場では異国の労働者と
一緒に仕事をする事があるのだが

チーム作業でもワンマンでやる人が多い

同じ日本人同士でそれをやると
真っ先に注意されるような行動も
『まぁ仕方ないか』

と周囲の人達も割りきって苦笑いですむ

この考え方を応用して
自分の苦手な人や嫌いな人は

『文化が違う異国の人なんだ』
と思うようにしてみる

そんな簡単にいくのか?とも思うが

『苦手』『嫌い』はそもそも自分の価値観だ

そして価値観は思い込みでもある

同じ思い込みならば『苦手』『嫌い』を
『異国の人』と変換させて思い込めば

自分が納得出来ないような言動も
仕方ないと流しやすい

他にも
『宇宙人だと思う』『種族が違うと思う』
『魂の年齢が幼いと思う』etc.

自分がこれなら仕方ないよな…と
納得しやすい状況に置き換えて思い込めば
『苦手』『嫌い』よりも精神的に楽になる

あくまでも自分自身の中で思うようにし
当人には勿論、周囲には言わないように…

『苦手』『嫌い』な人がいた時に
知識として持っていると役に立つかも…

 

実際効果あるか…試してみようと思う

f:id:lavender000:20190331224205j:plain

モーニングアタック

 

花粉症…

明け方が一番症状が強く出る
そう思う人が多いのでは?

モーニングアタック
というらしい

・明け方に空中に舞ってた花粉が落ちる
・布団の上げ下げでアレルゲンが舞う
・睡眠中の自律神経の切り替え
(交感神経、副交感神経)
・明け方の鼻水に含まれる成分

こんな感じの原因があって
明け方の花粉症症状が強く出るようだ

私の場合は明け方ふと目が覚めると
喉の痛みと鼻づまり、鼻水で
横になっていられずベッドに上体だけ起き
その状態で ウトウトする

睡魔の方が勝てば
再び横になって寝る事も出来る

次に目覚める時が上手く睡眠サイクルの
浅い時間なら良いのだが

中途半端に眠りが深い状態で
起きなければならない時は
頭が重くダルく不快な朝になってしまう

そのままで1日を過ごすのが嫌なので
日課の朝ヨガは必ず行う

これで少しはスッキリする

最近はノンシュガーのど飴が必需品で
喉が痛い時や花粉症が原因の咳を抑える為に
毎回舐めている

ちなみに以前、咳が酷かった時に
薬用ののど飴をなめたら
何かの薬効成分が合わなかったらしく
余計に咳が酷くなった事があるので

普通に菓子コーナーに並べてあるのど飴で
ノンシュガーと記載のあるものを
舐めるようにしている

小さくても飴のカロリーは結構高い

喉が凄く痛痒い時は
気分的にはバニラアイスを喉の奥に押しやり
冷たくて甘い状態を維持したいのだが

毎回アイスだとカロリーも金額も
高くつくので出来ない


私はヒノキのアレルギーもあるので
あと3ヶ月位は油断出来ない

最近は花粉でボヤボヤしているから
内容も無いような話を書いてる

まぁ仕方ないかと思う

f:id:lavender000:20190331001301j:plain

花粉症の色々な症状

 

花粉症で出る不快症状は
一般的には『鼻と目』に出る

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒みが多い

しかし花粉が体内に入ると
内側も様々な症状に見舞われる


喉の奥の上の方、上咽頭?も
痛痒くて本当に辛い

寝ている間に花粉混じりの鼻水が
喉に向かって落ち、上咽頭の辺りに
くっつき炎症がおきるらしい

他にも鼻が楽だと思って油断をしていると
胃腸の不具合に見舞われる

ずっと鼻をすすっていると
体内に花粉が大量に入り
下痢になったりもする

喉の痛みや下痢などは
花粉症薬の副作用にも書いてあるので
一概に花粉だけの仕業かは不明だが…

体の全てが花粉にたいして警戒体制を
続けている為に、体力の消耗も激しく
とても疲れやすい

おまけに熟睡が出来ないので
余計にダルいし頭もボヤけて
気分も下がる

こんなに嫌な事が多い花粉症なのだが
被害はこれだけに留まらず

花粉症の期間中に服用する薬の種類によっては
『太る』らしい

理由は薬の生物によって『食欲増進』するようで
食欲を抑えられず食べ過ぎてしまった場合は
太ってしまうとの事

花粉が原因で顔も荒れたりするのに
太ってしまうなんて

花粉シーズンが終わり不快症状が無くなり
もうすぐ夏というときに

今度はダイエットしなくては
と思うくらい太ってしまっていたら…


花粉症は本当に厄介だと思う

f:id:lavender000:20190329184044j:plain

季節的な鬱

 

春先は色々な変化がある

 

気温1つにしても寒暖差が数日おきで

とても激しく入れ替わり

 

世間的にも卒業、入学、入社などの

生活の変化もある

 

体や心の変化を調整している

自律神経は毎日フル活動で忙しい

 

気を張っている間は

気温の変化や環境の変化で

ただでさえ大変な自分自身を騙しながら

何事も無く過ごせるが

 

ここで普段以上に無理を重ねると

ふと『気』が緩んだ時には

体も心も疲れはてる『鬱』になる

 

五月病とも言われているが

その緊張や気が緩むのが5月頃に

多いようだ

 

気温の変化は仕方ないとしても

学校や職場で普段から必要以上に

自分を追い込み頑張っている人ほど

 

この季節的な『鬱』に陥りやすい

 

自分の心と体のバランスを

日常から第一に気にかければ良いのだが

 

『こまめにストレス発散すれば…』

 

と様々なストレス発散方法で

気分転換している人もいるが

 

本来は

ストレスを貯め、後に発散ではなく

最初からストレスを貯めない工夫が

最も重要だという話をきいた

 

そもそも『ストレス発散』というスタイルは

効果は発散している一瞬にしか無いらしい

 

カラオケ、飲み、趣味、スポーツなど

思いっきり楽しんでいる時間のみに

ストレスが消えたような錯覚をするが

 

人間の感情はバランスをとる為に

綺麗な波を描き平均線から上下している為に

 

急激な高揚で一気に快楽に上ると

同じように次は一気に下がる現象が

おきるらしい

 

なのでストレスを発散させながらの日々は

ストレス発散日の翌日に気分が低迷しやすく

新たなストレスが再び溜まりやすい状態に…

 

5月頃に何もかも嫌になり

動けない『鬱』にならない為にも

 

ストレスを貯めないように工夫し

自分に無理をさせず、頑張り過ぎず

上手に新しい生活に馴染めるよう

日頃から気を付けた方が良さそうだ

f:id:lavender000:20190329100201j:plain

第一印象での嫌な思い

 

第一印象での嫌な思いは

当たっている事が多い

 

学校、会社、いろいろな場所や

出会った人達など

 

一瞬、何故か嫌な感じがした

 

その思いは大事にした方が良いようだ

 

そもそも直感で生き延びた我々は

危険か否かの判断がとても重要だった

 

害があるのか無いのかを

素早く確実にする判断する必要があったので

その能力が発達していた

 

現在は命を脅かす危険に遭遇する事は

平和な日常では殆ど無いが

 

自分にとって良くない場所や人は

ほんの一瞬だが第一印象で感じとるらしい

 

しかし思考が後からやってきて

様々な理屈をつけて一瞬の直感を

消してしまう

 

『人を見た目で判断してはいけない』

 

『良く見れば良い場所じゃないか』

 

こんな感じで理屈を後付けしていく…

 

 

しかし第一印象で嫌な気がした場所や人は

後から振り返ると結局は

自分にとって良い影響を与えない事が多い

 

ならば直感に従い

 

長い間滞在しないようにしよう…

深入りしないようにしよう…

割り切って付き合おう…

 

そうやって

拒否まではせずとも

線引きをする指針にすると

 

結果的に自分にとって不利な出来事を

最小限に抑える事が出来る

 

そもそも直感は命を守る

危険回避に優れているから

 

自分に対するネガティブな事に関して

強く反応する事が多い

 

素敵!大好き!

といったポジティブな感情は

ハズレる事もしばしば…

 

そういったポジティブ反応は置いといて

 

ネガティブな直感が出た時は

その思いを大事にして役立てる

 

ネガティブだからと言って

持っていてはいけない感情ではなく

 

むしろポジティブよりも

自分の生活に直結した重要事項を教える

警報装置だと捉えた方が良いと思う

 

私も職場で

何となく嫌な感じがした新人さんに

優しく声をかけた事が仇となり

後々嫌な思いをする羽目になった事が

沢山ある

 

職場にしても何となく嫌な場所…と

思った所は高確率で事故や自ら命を…で

亡くなった人がいた場所だったりする

 

何となく…の嫌だな…

と感じた第一印象は自分を守る警告と

受け止めて

 

その思いを上手に生かして行動する

  

ポイントは上手に生かす事にあり

決して拒否や逃げ隠れをするのではない

 

そもそも知らない場所や知らない人には

不安を抱くのが当たり前なので

嫌な思いから逃げるスタンスだと

何も恩恵が受けられない

 

アドバイスとして上手に生かす

 

第一印象で嫌な思いがしたら

いきなり結論を出すのではなく

 

『ちょっと下がって観察してみる』

『時間をかけて吟味する』

 

こんな感じでいく方が良さそうだ

 

自分のこれまでの反省も含めて

今後は第一印象での嫌な思いは

大事にしようと思う

f:id:lavender000:20190328113953j:plain

花粉症薬の1日1回は

 

花粉症の薬は本当に沢山ある

それぞれ主要な成分が異なるので

効くか効かないかは人により変わる

 

薬の成分も違うが服用回数も様々ある

 

1日1回で長く効くタイプと

1日2回、3回など即効性はあるが

持続性がないものなど…

 

1日1回の薬は寝る前に飲むという

服用スタイルが多いようだ

 

日中忙しい人は便利だろう

 

しかし、もし1日1回の薬が

効かなかった場合、困る事になる

 

1日2回や3回服用の薬の場合なら

効きが悪くても次の服用までの時間が

短いので少し我慢して待つ

 

しかし

1日1回タイプが効かなかった場合

 

次に薬を飲む時間迄が長くて困る

 

睡眠前に飲むと眠っている間は快適で

起きてから数時間後には効能が薄れるし

 

起きている間を優先して飲むと

眠る時間に不快症状が出て眠れない

 

こんな感じで1日1回の薬がハズレると

完璧に症状を抑え込むのは困難になる

 

店頭にいる薬剤師さんに聞いたところ

品物にもよるのだろうが

 

1日1回タイプの薬は

24時間空けなくても6時間位空ければ

次を飲んでも大丈夫らしい

 

とは言っても6時間は長い

 

ならば1日複数回服用する薬を飲む方が

効きの強さが平均的でバランス良く

安心出来る気がする

 

花粉飛散ピークを過ぎれば

1日1回の薬でも余裕になるのだが

 

私は今の所1日2回服用の薬で

様子を見ている最中である

f:id:lavender000:20190326160147j:plain